RimWorld Biotechを攻略していく

RimWorld Biotechがリリースされましたが、日本語情報少ないなと思って記事にしていきます。

※現在ゲームをプレイしながら情報を随時更新中です。そのため、間違えている所、もっと追加して欲しい、調べてほしいところがあればコメントか、Twitterまでお願いします!特に間違えているところは優しく指摘して頂ければ嬉しいです。

スポンサーリンク
広告




BiotechってどんなDLC?

簡単に言ってしまえば「新しい種族と遺伝子の概念の追加、メカノイドの種類とそれに伴う汚染の概念の追加、家族の追加」ができるDLCです。

以下、SteamのBiotechの概要欄を日本語翻訳したものです。


子供たちと一緒に家族を育て、遺伝子改造の実験を行い、自分だけのメカノイド軍団と労働力を指揮しよう。

家族を育てる

自然または人工的な手段で子供を産み、家族を育てます。コロニーで出産したり、代理母を使ったり、孤児を引き取ったり、機械の中で胚を妊娠させたりすることもできます。仲人をするもよし、コロニー住民の人間関係を有機的に発展させるもよし。出産や育児の準備をして、赤ちゃんを迎え入れましょう。

赤ちゃんのお世話

おいしいものをたくさん食べてお腹を満たし、かわいい子供部屋を飾って遊び、快適なベビーベッドを作ってぐっすり眠れるようにしましょう。赤ちゃんが幸せなら、入植者も幸せです。

子どもたちを見守る

仕事と遊びのバランスをとりながら、子供たちに豊かで幸せな子供時代を与えてあげましょう。自然を探検したり、ラジオでおしゃべりしたり、授業に参加したり、空想にふけったり、落書きしたり、大人の仕事を見たりして、子供たちの学習欲を満たす手助けをしてあげましょう。健康な環境で育った子供ほど、様々な特性や情熱を持つことができます。

成長バットは、通常の育児に代わる安価な方法です。成長バットを使って子供の成長を加速させ、間抜けな兵士や単純労働者を素早く作り出しましょう。

遺伝子改造

異能者と呼ばれる、遺伝子改造された入植者たちを作りましょう。商人から購入したり、クエストの報酬として受け取ったり、異能者の囚人から採取したりして、エキゾチックな遺伝子のコレクションを作り上げましょう。遺伝子を組み替えることで、奇妙で有利な形質の組み合わせを作り出し、異能者のコロニーを作り上げましょう。

新たな異能者の派閥との出会い

エキゾチックな異能者たちからなる新たな派閥と交戦しよう。異能者には、丈夫なブタ人間、毒を飲む浪人海賊、容赦のないネアンデルタール人のハンターなどがいます。狂暴なファイアブレス集団にどう対処するか、毛皮をまとったライフル兵が送ってくる狼の護衛をどう止めるか、派閥によって感じ方が異なります。異能者の文化には友好的なものもあれば、敵対的なもの、放っておかれることを好むものもあります。

不老不死の血を飲む者たちに加われ

サングオファージは、超人的な力を隠しながら人間の間を行き来し、遺伝的な血の欲求を満たすために働いている。超知的なナノマシンを動力源とするサングオファージは、不老不死で、並外れた美しさを持ち、致命的な棘を打ち出したり、味方を癒したりすることができる。また、不死身の棘を発射したり、味方を癒すこともできる。

メカノイドの製造と制御

あなたの入植者をメカニターにしよう。脳にインプラントを埋め込み、メカノイドと呼ばれる半生機械を精神的にコントロールすることができるようになるのだ。ハイテクなゲステーター・タンクの中でメカノイドを成長させ、戦闘用や労働用のさまざまな新しいメカノイドを指揮する。

メカノイド軍団を作り、安価で使い捨てのガンナー、タンキーのディフェンダー、シールドを投射するスナイパー、火炎放射器などの群れを使って、さまざまな戦法を試すことができる。家では、商品の製造、入植者の救助と世話、建造物の建設と修理、作物の種まきと収穫、荷物の運搬などの作業を行うメカノイド労働者を作りましょう。群れを育て、メカニターをアップグレードして、止められないメックロードにしよう。

スーパーメカノイドのボスに挑戦

新たに3体のスーパーメカノイドボスが登場。この超凶悪な敵とその護衛を倒し、煙の出るボスの殻から特殊なメカノイド・チップを採取して、メカノイド技術を進歩させよう。

汚染に適応する

メカノイドのインフラは、有毒な廃棄物を生み出します。凍結せずに放置された廃棄物は劣化し、環境中に汚染物質が漏れ出します。汚染はコロニーに住む人々を毒し、動植物を変異させ、日光を遮り、巨大な敵対的昆虫を引き寄せます。廃棄物を管理するか、新しい装備、解毒器官、遺伝子改造で汚染を受け入れるか。


RimWorld – Biotechより引用終了。

新しいストーリーの追加

Biotechでは2つのストーリーが追加されています。

メカニター

サングオファージ

Biotech攻略情報

記事の性質上、ここから先にクエストや攻略情報などのネタバレが含まれます!ネタバレを見たくない人は引き返してください。すでにプレイしている方は「詰んだ時、その箇所だけ見る」ことをおすすめします。

種族について

生まれ持った種族によって魅力的な能力がある一方で、特定の作業が苦手だったりします。ここから先では各種族について紹介していきます。

種族ーベースライナー

普通の人間。特筆すべき要素無し。

種族ーサングオファージ

生命力に長けた種族。死ににくい。吸血鬼のような種族。シナリオ「サングオファージ」で始めた場合、この種族が含まれる。

人間と比べて「ヘモゲン」と「死眠」というステータスがある。

メリット
何と言っても死ににくい

大怪我をおっても「死眠」状態になることで回復が可能。ただし、一度失ったパーツを取り戻すことはできない。右腕を失った場合は生えてこないので、「人造上肢」や「アルコテック腕」などを用いて移植する必要がある。

人を死なせにくい

「凝血」の能力で他人がおった傷を瞬時に塞ぐことができる。

遺伝子移植を用いることで、自分と同じサングオファージを増やすことができる。

攻撃力が高い

骨棘の能力によって自身が武器を持っていない状態でも相手に強力なダメージを与えることが可能。ただしヘモゲンを20消費することと、射程範囲は短いので油断は禁物。

射程はこれくらい。かなり短い。発射速度は早いのでヘモゲンの確保さえできていれば序盤から強力な武器になり得る。

ダメージはこのくらい。

あと遺伝子的に可愛い(*´ω`*)

可愛い子を操作するってなんかモチベーションがあがる。

デメリット
光に弱い

光のもとでは移動速度が遅くなり、心情も-6低下するやっぱり吸血鬼じゃないか。とはいえ、よたかと同じで稼働時間を夜に設定してあげれば問題はない。

炎に弱い(炎恐怖症)

火を前にすると精神崩壊をおこして短時間の間、操作不能になるので、人が多くなってきたら消火の役割からは外したほうが良い。

ヘモゲンの管理が必要

人間の血から取れる「ヘモゲン」と呼ばれる物質を体内に溜め込んでいる。ヘモゲンってどんなものかというと、人間の血に消毒液をぶっかけたものがイメージに近いと私は思っている。ヘモゲンがゼロになると不幸になる。

ヘモゲンを接種するには、ゲスト、囚人、入植者のどれかに「吸血」をするか、ヘモゲンパックを吸うかのどちらかです。

吸血された相手は「失血(中程度)」と首筋に吸血痕が残りますちょっとえっち。

吸血された相手は心情に-5のデバフが付きます。

メリットであげた能力のほとんどがヘモゲンを消費することで使えるので、サングオファージの能力を使いこなしたいのであればヘモゲンの管理、というよりも共有元の調達が重要。

仲間にしない囚人を捕まえたら「Blood feed」か「Hemogen farm」かに設定をしておくとヘモゲンの安定供給に繋がります。

Blood feed

サングオファージのヘモゲンが少なくなった時に自動で吸いに行く。

Hemogen farm

直訳するとヘモゲン農場。薬草以上の医薬品と引き換えにヘモゲンパックを生産する。医薬品が整ってきたら設定すると良い。

敵対派閥の囚人の血を吸ったり、Hemogenを抽出すると友好度が1下がる。その一方で、Royaltyで発生する囚人クエストの血は吸っても友好度は下がらない。

定期的に「死眠」が必要

定期的に4日間、「死眠」する必要がある。死眠中は動くことができない。棺桶の中でひたすら眠り続ける。緊急時は中断させることもできるが不幸になる。

死眠加速器を使って死眠している図。

死眠加速器を使用することで死眠期間を3日間に減らすことができる。

また、大怪我をおった際には自動的に「死眠」状態となる。

死眠用の部屋を作ってあげる必要がある。その部屋も豪華じゃないと不機嫌(心情-4)になる。難しいお年頃なのかもしれない。

サングオファージの増やし方

「遺伝子移植」をクリック後、サングオファージにしたい相手をクリック。

すると、このように。性格や才能がサングオファージの遺伝子的特性「かわいい」と「せかせか歩き」で上書きされました。今後このキャラはサングオファージとして生きていくことになります。

ただし、もとから持っていた遺伝子は書き換えられない模様。このキャラだと遺伝子的に「サイカイト依存症」を持っているのですが、そのまま残っています。

種族ーメカニター

メリット

戦闘、掃除、栽培、建築をしてくれるロボットを味方にすることができる。

これらのロボットは

デメリット

メカニターのメリットを最大限享受するには研究が必要

電力の確保が重要

メカニターの増やし方

Biotechで追加される一部のクエストはメカニターが入植者にいないと解放されません。

マップ上に「古代のエクソストライダーの中間部」というオブジェクトがあるので破壊します。

メカノイド応答装置が現れるので、研究卓で解読します。

研究後、メカニター関連クエストが解放されるのでクエストをクリアすることで、メカニターの遺体を手に入れることができます。確認できている限り2種類。

  • マップにメカニターの遺体とシャトルを呼ぶ事ができるクエスト。

  • 「隠されたメカニタークリプト」クエスト
    遠征してメカニターの遺体を持ち帰るクエスト

死体を右クリックすることで、メカリンクを抽出。

その後、メカニターに変えたい入植者を選択後、メカリンクを右クリックすることで入植者をメカニターに変えることができます。

メカニターになった入植者には新しいコマンドが増えます。

メカニターになると同時にコンストラクトイドという建築用ロボットがもらえます。(かわいい)

種族ーウェイスター

宙賊の中に混じっています。

サイカイト依存症を患っており、接種し続けないとそのうち昏睡状態に陥って死にます。

薬物が不足した状態では心情にー10のデバフがはいるため、安定供給できるようになってから仲間にするほうが良いでしょう。

ウェイスターは攻撃的で、有毒な汚染に耐性があり、病気にほとんど影響されず、サイカイトやウェイクアップをどれだけ接種しても悪影響はありません。
彼らの毒素に適応した代謝は、定期的にサイカイト(通常はフレークやイェイョ)を接種しなければならないことを意味します。

種族ーインピッド

火を吹いてくるアイツらです。大量にくるとキーボードを投げたくなります。

「小走り」「悲観主義者」の特性を持ちます。

インピッドは非常に動きが早く、高温に容易に耐え、口から火を吐きます。インピッドは砂の上では達人ですが、他の環境では苦労します。特に農業に関しては壊滅的です。彼らは普段、遠距離戦闘で戦うため、近接戦闘では物理的な弱点が明らかになります。

仲間にしたらゴミを燃やすのに便利。

種族ーイッタキン

動物大好きなアイツらです。

必ず「精神的鈍感」の性格がついてきます。

「ウォーコール」を利用することで、野生生物とともに戦うことができます。

彼らの大きな体と毛皮は、凍った環境でも大丈夫です。イッタキンは野生動物と精神的なつながりを共有しており、戦闘中に動物を味方として召喚できます。彼らは早くも精力的でも正確でもありませんが、他の人がずっと前に倒れるような状況でも動き続けることができます。

彼らの毛皮、唸る声、都市生活への嫌悪感は見識のない部外者に単純な動物であるという印象を与えます。

追加クエスト

もしかしたらRoyaltyを追加している場合のみ発生するのかも?

サングオファージの邂逅

複数人のサングオファージが話し合いを行い、出ていく直前にアイテムが貰えます。以下の結末が与えられます。

  • 話し合いは成功。何事もなく報酬を得られる。
  • 話し合いは決裂、サングオファージ同士の間で争いが起こる。仮にサングオファージがなくなったとしても報酬は得られる。
  • サングオファージが集結しているという噂を聞いた敵対派閥が戦いを仕掛けてくる。

敵対派閥が攻めてくる可能性もあるので、防衛の準備をしてからクエストを受けることをおすすめします。

敵対派閥が攻めてきたことに感づいたサングオファージは拠点から歩いて脱出しようとします。敵対派閥は拠点の外に出たサングオファージを攻撃しに行くので、KBFで待ち受けて戦うことはできません。トンネル襲撃と同じようにとっとと倒してしまうのが良いでしょう。

サングオファージも無敵ではなく、頭を破壊されると死に至ります。どちらかが死亡すると報酬を受け取ることはできません。(要検証、依頼主が死んだら、かも?)

毒性投下

有毒性廃棄物パックを大量に投下されます。

有毒性廃棄物パックは放置しておくと袋が破れ、土地を「汚染された土地」に変えてしまいます。汚染された土地の除染は手間がかかる(後述)ので、とっとと捨てに行きましょう。

探索の途中で廃棄するのがおすすめですが、他の派閥の近くに投棄すると友好度が下がるのと、捨てた土地の汚染度があがってしまいます。

すぐに捨てに行けない場合は冷凍しておくと良いでしょう。冷凍をしておけば食料庫に置いといたとしても他の食べ物に汚染がうつることはありません。

汚染された土地は「死の灰」と同じく、その場に留まり続けていると毒物が蓄積されていきます。(毒物に体制のある種族は除く)

有毒性廃棄物パックが破れたらどうすれば良い?

「汚染ポンプ」を使用して、電気と時間をかけることで汚染された土地に染み込んだ汚れを「有毒性廃棄物パック」に変えることができます。

汚染ポンプを作れないけれど汚れをどうにかしたい場合、ゾーン指定から「除染エリア」を設定することで、掃除担当者が除染して「有毒性廃棄物パック」に変えてくれます。ただし、通常の掃除よりも時間がかかります。

最終的には研究を重ねて「廃棄パック分解装置」を作成することで大量の電力と引き換えに廃棄パックを無害に変えることができます。それでもおれは敵対派閥に廃棄パックを放棄するのをやめない。

子供の作り方

今のところ以下の2つを確認しています。

  • 自然に妊娠する
  • 体外受精
    • 試験管ベイビー
    • 代理母

自然に妊娠する

「○○は妊娠しました!」のメッセージと共に妊娠第一期がスタートする。おそらく配偶者のいる女性入植者が配偶者とダブルベッドで寝ている場合にランダムに起こる。

体外受精

体外受精をするにはまず、卵子を摘出する必要があります。手術中タブから「体外受精のために卵子を抽出」を選びます。

※一度抽出したらしばらくの間は再抽出はできません。

卵子は35ドルで売れます。

卵子摘出手術は他の手術と同様、麻酔が必要になります。

抽出後の卵子を選択、「Fertilize」をクリックすると男性入植者の名前が一覧で出てくるので、お父さんになってほしい人の名前を選択します。

受精卵ができました。

できた受精卵から「Emplant embryo(代理母)」か「Insert in growth vat(人口培養槽)」かを選びます。

代理母の場合、妊娠期間は18日間、人口培養槽の場合は9日間かかります。

代理母の年齢が高い場合、着床の成功率が下がります。

人口培養槽の場合、短時間での出産が可能ですが、持病を持って生まれる可能性があります。通常の子どもを育てるのに対し、食料が二倍要求されます。

自然出産の場合、出産がうまくいかない場合母子ともに危険がある可能性があります。とはいえ、テクノロジーが進化していて、優秀な医者がいる場合はそこまで問題にはならないでしょう。

医師のスキルが17、自然分娩、バイタルモニター、病院用ベッド、清潔なタイルの場合の成功率。

感想

個人的にはRoyaltyの次くらいに導入しても良いかも。と思いました。Rim World+Royaltyの世界観を広げる良DLC。

人間を恐れて新規入植者たちを全員サングファージにして、囚人と奴隷からヘモゲンを吸って生きる吸血鬼村プレイ、人間が怖いから徹底的に引きこもって外交は二人目の人間にお任せするプレイとか、汚れた土地でロボットと共に孤独に生きていくメカニタープレイとか、ロールプレイの幅が広がりそうですね。

応援
応援ポチっとよろしくです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
広告




広告




★役に立った!と思ったらシェアをお願いします。★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローはこちら★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です