Windows転送ツール便利すぎワロタwwww

Windows転送ツール、超便利ですよね。これを知ってから会社のPC移行が超楽になりました。うっかりと転送忘れがなくなったのは超嬉しい。

スポンサーリンク
広告




多様な移行方法

外付けHDD経由、OneDrive経由、転送ツールケーブル、ネットワーク経由越しにデータの移行をすることができます。ネットワーク経由でデータの移行ができるのが情シスには嬉しいところですね。

以下のファイルを移行する分にはどんどんOKだけ連打していけばよしなにやってくれます。ただ、それ以外のものは個別で指定する必要があります。

MSによりますと、以下の内容が引き継げるらしい。

引き継げる内容

  • ユーザー アカウント
  • メール
  • 自分で作成した書類などのドキュメント
  • お気に入り
  • 音楽、ビデオ、写真
  • その他

あとはIEのブラウザデータは引き継げるっぽいです。

ただし、ChromeやFirefox,あと何故かMS製品なのにOffice製品は引き継げないので個別で指定してあげる必要があります。

個別指定の方法

  1. 事前準備として、すべてのファイルを見られるようにしなければいけません。移行先と移行元の両方のPCで以下の手順を実行します。(MS公式の画像付き解説がこちら
    1. スタートボタン(左下の旗のマーク)をクリック→「フォルダ」と入力→「フォルダーオプション」を選択
    2. 真ん中の「表示」タブをクリック
    3. 「詳細設定」内にある「ファイルとフォルダ―の表示」項目の「隠しファイル、隠しフォルダ―、および隠しドライブを表示する]を選択して、「OK」
  2. 移行元、移行先の両方のPCで「Windows転送ツール」を実行し、「転送する内容を選択します」まで行います。「次へ」と転送キーを入力するだけなので、そこまで手間取らないはず。
  3. 「転送する内容を選択します。」画面でユーザ名の配下にある「カスタマイズ」を選択、「詳細設定」をクリックする。
  4. 移行元のすべてのファイルが見られるようになるので、以下必要なフォルダを個別選択していく。

個別で指定する必要があるもの

ブラウザ


Google Chrome

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data

FireFox

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\

Office製品

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Signature
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft

その他のソフトウェア

Winshot

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\WinShot.ini

気づいたら順次追加していく予定。

まとめ

Macは「TimeMachine」っていう超便利なものがあるので、移行は楽なのですが、Windowsは移行ツール以外だとサードパーティ製のものしか無いと思ってたので不便を感じていました。

転送ツールもそのうち、TimeMachineくらい便利になればいいな…とか思うぬいぐるみなのでした。

追記:

どうやらWindows10 からはWindows転送ツールが使えなくなるらしい…。別の方法を考えなければorz

応援
応援ポチっとよろしくです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
広告




広告




★役に立った!と思ったらシェアをお願いします。★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローはこちら★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。