【Zabbix】Template App HTTP ServiceとTemplate App Apache Serviceの違い

Zabbixをインストールしたときに最初から準備されているテンプレートとして、Template App HTTP ServiceとTemplate App Apache Serviceがあります。

でも、HTTPとApacheって一緒じゃないの?とか思ってもんもんとしていたので調べてみました。

Zabbix 2.2の日本語マニュアルを参考にしているので、バージョンによって細かい違いがあるかもしれません。

Template App HTTP Service

登録されているアイテムは1つだけ「HTTP service is running」、キーは「net.tcp.service[http]」が登録されています。

キーに登録されているnet.tcp.serviceはZabbixエージェント無しサービスが動作しているかどうかを確認してくれます。(動いているなら1、動いていないなら0)

[root@zabbix akirin5]# zabbix_get -s localhost -k net.tcp.service[http]
1

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-15-05-40

Template App Apache Service

こちらは「Number of httpd processes」という名前のアイテムがあり、キーは「proc.num[httpd]」が登録されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-15-05-30

proc.numはカッコ内[]で指定されたプロセスが動いている個数を取得してくれます。こちらはZabbixエージェントが必須です。

[root@zabbix akirin5]# zabbix_get -s localhost -k proc.num[httpd]
3

まとめ

Template App HTTP Serviceは「Zabbixエージェント無しで、指定したプロセスが動いているか否かを取得してくれる

Template App Apache Serviceは「Zabbixエージェントを入れたサーバの、指定したプロセスの個数を取得してくれる

という違いがありました。

ぬいぐるみのサーバでは、結局2つのテンプレートを設定しました。

Zabbixエージェントを入れられない環境のときはTemplate App HTTP Serviceを設定するしかないので、そういう環境じゃない場合は2つ設定してよい気がします。

しかしテンプレートの名前が本当にわかりづらい…。

参考:

改訂版 Zabbix統合監視実践入門 ~障害通知、傾向分析、可視化による省力運用 (Software Design plus)

応援
応援ポチっとよろしくです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
広告




広告




★役に立った!と思ったらシェアをお願いします。★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローはこちら★

スポンサーリンク
広告




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。