SiteGuardプラグインでログインページが分からなくなった時の対処法

こんにちは、ぬいぐるみです。

今回はSiteGuardプラグインでログインページが分からなくなった時の対処法について解説していきます。

SiteGuardプラグイン、便利ですよね…。プラグインを導入するだけで不正ログイン、管理ページへの不正アクセス、コメントスパムが防げ、セキュリティを高められるので、私は導入しています。

導入することでWordPressの管理画面のページが変更されるのですが、これはメリットでもあり、デメリットでもあります。

当然のことながら管理画面のURLを忘れてしまえば管理画面にログインすることができません。はい、私、やらかしました。

 

スポンサーリンク
広告




mixhostの管理画面から入れないか…?

mixhostのSoftaculousから入れないかな、と思って試しましたが404エラーになりました。

Softaculous管理画面のリンクを編集できるようになればいいのに…。

解決方法

  1. cPanelからファイルマネージャーを開きます
  2. ドメインのドキュメントルート配下に存在している.htaccessファイルを選択後、「編集」をクリックします。

    1. この時に.htaccessファイルが存在しない場合は以下の手順で「非表示ファイルを表示」させるようにします。
  3.  RewriteRule ^login_00000(.*)$ wp-login.php$1 [L]
    こんな感じの表記を探します。赤文字は人によって違うので注意が必要です。「#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_START
    」という表記の近くに存在します。
  4. サイトのURLの最後にlogin_00000(.htaccess内に記載のあった文字列)をくっつけます。
    このサイトの場合、https://www.fallapple.net/なので、「https://www.fallapple.net/login_00000」になりますので、できたURLにアクセスします。
  5. 管理画面に入れた!

 

もちろん忘れない事が一番ですが、万が一忘れた時の対応方法も覚えておくと安心です。

今回使用したレンタルサーバー

mixhostは全てのプランにSSDを利用、HTTP2/QUICに完全対応した次世代型レンタルサーバーです。

14日間の無料バックアップ、WordPressが爆速で動くLiteSpeed Cacheを使用できる、無料でSSL証明書がついてくるなどWordPressの運営に必要な機能が一通り揃っているのでおすすめです。

mixhost

 

 

応援
応援ポチっとよろしくです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
広告




広告




★役に立った!と思ったらシェアをお願いします。★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローはこちら★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。