mac版Skypeで相手に音が聞こえない時に確認するべきポイント

3ヶ月くらい放置してたんですけど、とうとう向かい合いました。

症状としては以下の通りです。

  • こちらの音声は聞こえないが、向こうの音声は聞こえる
  • 現象が発生しているのはSkypeだけDiscordやZoomは問題なく使用できる
  • 新しくヘッドセットを購入したが、改善されない(その為、ヘッドセットの故障ではない)
  • Skypeを最新版にアップデートしても改善されない

結果としては以下の2つで通話ができるようになりました。

Skypeの完全アンインストール&再インストール

ESET(ウィルス対策ソフト)のファイアウォールの見直し

スポンサーリンク
広告




Skypeの完全アンインストール&再インストール

Skypeを終了・削除

公式サイトのQ&Aに書かれていましたので、それ通りにやっていきます。

画面の左上「Skype」をクリックして「Skypeを終了」をクリックします。

Finderを開いて

「アプリケーション」をクリックします。

その後、「Skype」の上で右クリックをして、出てきたメニューの中から「ゴミ箱に入れる」をクリックします

~/Library/Application Support/Skypeの削除

ターミナルを開きます。

Launch padのアイコンをクリックします。

キーボードで「terminal」と入力します。(terだけでも大体の環境では出てきます)

※チャットと通話の履歴を残したい場合はこのApplication Support/Skypeを削除する手順は飛ばし、次のcom.skype.skype.plistを削除する手順へ飛んでください。

ターミナルで「open ~/Library/Application\ Support/」と入力します。

注意点としてはターミナルでは「 」スペースを入力しても認識してくれないので、スペースの前にかならず「\」この記号を付けてあげる必要があります。 

Application Supportフォルダが開いたら「Skype」フォルダを探してゴミ箱に入れます。

~/Library/Preferences/com.skype.skype.plistの削除

上記の手順と同じようにターミナルで「~/Library/Preferences」を開いて「com.skype.skype.plist」をゴミ箱に入れます。

Finderを開き、Mac OS Xの検索機能を使って“Skype”を検索します。データと思われるファイルを削除していきます。

ゴミ箱の上で右クリックすると、「ゴミ箱を空にする」と出てくるのでクリックします。

完全削除後、再インストール

Skypeの最新版を公式サイトよりダウンロード、インストールします。

なんかSkypeの画面がアンインストール前と変わった?最新版になったのかな?

(アップデート確認ではマイナーバージョンアップだけ確認できて、メジャーアップデートは一度アンインストールしないとダメなのかも?)

ということで、アップデート確認をしても最新版じゃないことがあるので注意するべし。

ファイアウォールの見直し

その後、何故かSkypeのテスト通話(Echo / Sound Test Service)に電話をかけると5秒くらいで「接続が弱すぎます。もう一度やり直してください。」という文面とともに通話が切れてしまう。

昔も同じことがあって、その時はESETのファイアウォールに引っかかってたんですよね…。それでSkype.appを行きも帰りも両方ポートを開けたことがありました。

なんだか挙動がその時とそっくりな気がする。

でもESETのファイアウォールには前の設定が残ってるし…(Skype.appに対してのみPort全開け)

そんな時、こちらの記事を発見。

ESETのファイアウォールの設定変更方法

  1. まず、ESETを開きます。画面上部のESETのアイコンから「ESET Cyber Security Proを開く」をクリックします。
  2. 赤枠通りに画面左側の「設定」をクリックし、画面右側の「設定」をクリックしていきます。
  3. ファイアウォールの画面が開きます。画面左下の「追加」をクリックします。
  4. 「アプリケーション/サービス」ウィンドウが開くので下記の通り設定をしていきます。
    1. 名前はなんでも良いですが、今回はわかりやすく「skype」をしています。
    2. 「すべてのアプリケーション」にチェックを入れます。
    3. 「次へ」をクリックします。
  5. 「アクション/方向」ウィンドウが開きますので、下記のとおりに設定をしていきます。
    1. アクション:「許可」
    2. 方向:「両方」
    3. 上記を設定したら「次へ」をクリックします。
  6. 「プロトコル/ポート」設定画面が開きますので、下記のとおりに設定をしていきます。
    1. プロトコル:「TCP&UDP」を選択します
    2. ポート:「リモート」を選択します。
    3. リモートポート:「3478」を入力します。
    4. 上記の設定が完了したら「次へ」をクリックします。
    5. 宛先:「インターネット全体」を選択し、「完了」をクリックします。
    6. 設定が追加されました。

特定のポートのみ開けて、テスト通話。echoと入れると出てきます。

成功!自分の話した声が聞こえてきた!

今まではSkypeアプリだけ動いていたのが、SkypeアップデートでSkypeアプリ以外に何か動いているっぽい?なので、Skypeの最新版では「3478ポート」を開けてあげないとダメみたいですね。って話でした。

こうしてSkype完全復活

ESETは非常に優秀なウィルス対策ソフトだと思うのですが、時々こういうことが起こるので注意が必要ですね。

ただ、ESETは企業や官公庁でも使用されている信頼性のあるウィルス対策ソフトで、検出率も高く、お値段も安いので個人的には超おすすめなウィルス対策ソフトです。

参考

応援
応援ポチっとよろしくです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
広告




広告




★役に立った!と思ったらシェアをお願いします。★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★フォローはこちら★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。